スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
え?LEDランプが危ない??
 2017.03.17 Fri
written by さき姉☆
なんだか、型式があってないLEDランプを蛍光灯用の器具につけると発火するらしい。

LEDランプの中にはあんまりよろしくない水銀等も含まれているため、火事になって割れるとえらいことになる。


正しい使い方で、安全につかいましょうね。

2017年3月16日23時37分朝日新聞デジタルより。


蛍光灯器具にLED照明、型式異なると出火の恐れ


消費電力が少なく長寿命なために普及が進むLED照明で火災が相次いでいる。日本照明工業会は昨夏、3件の出火を確認。いずれも棒状の直管LEDランプを蛍光灯照明器具に取り付けていた。照明器具には複数の点灯方式があり、方式に合うLEDランプを付けないと火災が起きる恐れがあり、消防などが注意を呼びかけている。
 火災は昨年7、8月、東京都内と横浜市で起きた。住宅や店舗兼事務所の照明器具から出火。いずれもぼやでけが人はなかった。
 蛍光灯照明器具には点灯方式の違いで大きく分けて「スタータ形」「ラピッドスタート形」「電子式」がある。蛍光灯や直管LEDランプにもそれぞれの方式に合わせたものがある。
 照明工業会によると、蛍光灯照明器具に方式が違うものを取り付けた場合、蛍光灯では出火の可能性はないが、直管LEDランプでは過剰な電流が流れ、最悪の場合火災が起きるという。白熱電球用の照明器具に電球形LEDランプを取り付けても、同様の事故につながることはない。
 ログイン前の続き事故を防ぐため、国内メーカーの多くはLEDランプ専用の照明器具を販売。蛍光灯照明器具に付けられないようにしたL字型口金「GX16t―5」の直管LEDランプを製造する。
 だが、この口金が規格化される前から蛍光灯と同じ口金の「G13」のLEDランプが輸入され、国内で販売された。蛍光灯照明器具がそのまま使えることから、広く流通している。照明工業会の内橋聖明専務理事は「心配していた事故が起こるべくして起きた。すでに多くの家庭で組み合わせが違うランプが付けられている可能性が高い」。
 ネット通販のサイトではどの点灯方式のLEDランプか書かれていないこともある。今回起きた3件の火災では、いずれもネット通販で購入した「G13」のLEDランプが取り付けられ、点灯方式の組み合わせが合っていなかった。
 三つの方式は別の表記で書かれている場合もあり、わかりにくい。例えば、スタータ形は「グロー」などと表記されることもある。
 照明工業会は「蛍光灯照明器具にLEDランプを取り付けることは推奨しない。LED専用の照明器具に交換することが望ましい。蛍光灯照明器具にLEDランプを取り付ける場合は、点灯方式が合うものを買ってほしい」と話す。
 最近は環形LEDランプも販売されている。これも蛍光灯照明器具に取り付けるには、点灯方式を合わせる必要がある。(神田明美)
スポンサーサイト
10:07:32 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。