懐かし~~い
 2006.10.31 Tue
written by さき姉☆
20061031174259
今朝、出掛ける前に玄関に飾ってるのを発見!

これは、
もうかれこれ8年前に、
清水焼の展示会のときに仕入れた逸品。

伝統工芸士の陶庵さんの作品。

特に、色絵付けが素晴らしく、
手にとる度に心和ませてくれます。

柔らかいタッチで、桜の花が薫るような気がします。

この桜の陶額も表装もせずに店に飾っていた。
売れなくていいのだ。
そのくらい気に入っている。
父が表装を施したのだろう。

展示会のときは、朝一番に行き、現品限りの商品を仕入れる。

私達親子はそんなことが大好きだ。

売りたくないものも、時々あります。

世界に一つしかない逸品ですもの。
しかも、ただ絵を書くんじゃなく、
焼いてますから!
そこが凄いです。

今は、買い付けに行くことは私はなくなりましたが…

関西は近くにたくさん、陶器の名産地があるのです。

仕入れに行きたい衝動にかられます…
17:42:59 | モブログ | comments(18) | trackbacks(2)
comment

焼き物いいですよね。一時期 粉引き?かな,この焼き物に凝って集めたりしました。
でも,コーヒーカップで気に入るものがなかなかありません。いいもの見付けて,豆から挽いて,コーヒーたてて,素敵な時間を味わいたいですね。
by: tatsuro | 2006.10.31 22:15 | URL

最近はめっきりもブログですね!!

忙しいから?それとも趣旨変更??

by: 小林哲也@te285884 | 2006.11.01 00:32 | URL

お久しぶりです。
やっと、落ち着きました。

いつもコメントありがとうございます。


素敵ですネエ。

玄関にこういうのを置くのもいいですねえ。


これからもよろしくお願い致します。
by: sono@sapporo | 2006.11.01 13:04 | URL

こんにちは。
うちには伝統工芸品はないです(^^;
そういうのが家にあるのも良いのかも知れないな~
by: AMB 岡部 | 2006.11.01 14:47 | URL

素敵ですね。
色合いがなんともいえないですね。
さき姉は伝統工芸にも知識あるんだあ。
何でもできるなあ。
by: スマイルハートの社長 | 2006.11.01 20:27 | URL

ステキですね!!
伝統工芸は、ずっと伝えていってもらいたいですよね。。。
by: tamirin | 2006.11.01 23:25 | URL

▽tatsuroさま

粉引とtatsuroさん…
も~、ピッタンコですね!
私も粉引き大好きです。
by: さき姉 | 2006.11.02 05:32 | URL

▽小林さま

忙しいからです
by: さき姉 | 2006.11.02 13:28 | URL

▽sonoさま

素敵過ぎます。
出掛けるとき、帰った時、ホッとします。
by: さき姉 | 2006.11.02 13:31 | URL

▽AMB岡部さま

伝統工芸からは、職人魂が感じられ、
手のぬくもりに癒され、
時に、職人の厳しさを教えられます。

是非、置いて下さいね!
by: さき姉 | 2006.11.02 13:37 | URL

▽スマイルハートの社長さま


知識なんてありません。
私の家族のお気に入りでもあります。
by: さき姉 | 2006.11.02 13:39 | URL

▽tamirinさま

お久しぶりでーすっ!
癒されますょ~♪
by: さき姉 | 2006.11.02 13:40 | URL

お久しぶりです!
かわいいですね♬
すいません、これは焼きものなんですね?すてき~。
さき姉さんはこのような物の仕入れもなさってたのですね!すごいです!良いもの見る目がないとできませんよね!
三宮の店舗、できたら遊びにきてくださいね!
by: アベスト女社長みさお | 2006.11.02 14:44 | URL

▽アベストみさおさま

なんなら、店舗のコーディネートしますよっ!
(^-^)
by: さき姉 | 2006.11.02 17:56 | URL

こんにちは。

世の中に1つしかない物。ってやっぱり憧れますわよね。
どうしても手放したくない思い入れの物。
そんな1品大切にしたいですわ。
by: 姫社長 | 2006.11.03 16:09 | URL

こんばんは☆
私、知識とかまったくないんだけど、陶器類見るの大好きなの。お土産やさんとかで見るのも大好き!いつかもっとおばちゃんになったら、自分のための陶器を作るのが密かな夢♪
by: ゆみ☆ | 2006.11.03 19:27 | URL

▽姫社長さま

特にこの一瞬にしか出来ないものなんですね。
それを考えると、もう手放したくありません。

同じ人が作っても、
二度と同じものはないですから^^

by: さき姉 | 2006.11.05 10:03 | URL

▽ゆみ☆さま

ものを見るのに、知識なんか必要ないし、いいな、と思ったものがいいのです。

美術品についても同じで、
だれそれの何とか、という作品とか言われるよりも、その一瞬にしかできないものを感じる幸せのほうが、私にとっては大きな感動。

ブランドに興味ないのも、当たり前かぁ~
by: さき姉 | 2006.11.05 10:05 | URL
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/159-fef4b03d
清水焼クローバー組飯碗(木箱入)

種類   清水焼 サイズ大 径 12.2cm、高さ 5.4cm小 径 11.6cm、高さ 5.1cm 説明クローバーを描いた清水焼の夫婦湯呑です。男性用の方は緑で統一女性用は赤い蕾がアクセントとても愛らしいそれでいてシンプルな飽きのこない器です。 お支払  ・クレジットカード一括払

陶器を...  2007.09.19 16:45
-

管理人の承認後に表示されます

  2007.09.20 03:24
| HOME |