『つくる』事と『育てる』事
 2007.06.28 Thu
written by さき姉☆
日本人は戦後素晴らしい経済発展を遂げた。

そこで、
『つくる』事は素晴らしい技術が発展して、
経済大国となった。

『つくる』事は、計画がたてやすい。
ほぼ計画通りになる。
条件設定がしやすい。

しかし、
『育てる』事はどうだろう。

野菜一つとっても、
天候、肥料……
同じ条件になかなかならない。

人になるとなおさらだ。

今の日本人は、
友達さえ『つくる』事にしており、
条件が合わないと破棄だ。

なんかおかしいよな。

『つくる』のは簡単なの。
研究したり、鍛練すれば、
美しく早く安くできる。

しかし、『育てる』のは、
確かに大変だ。

想いが伝わらなかったり、
邪魔が入ったりする。

野菜も雨が降らなかったり、
肥料が合わないと、
目標数量が収穫できない。

そんな面倒な事はしたくない。
きっちり安定している『つくる』ほうにシフトしてしまった。

そして、今、食糧自給率は27%

どうにかしなくちゃならない。

そして、毎日凄惨な事件ばかりだ。

どうにかしなくちゃならない!

これは、すべてに言えること。

なんの関係もなさそうな音楽さえもそう。

あるときある人と話してて、

「○○さんって、ギターうまいでしょ?」
『まあね、そうね』
「すごいなぁ~って、みとれちゃいます」
『そお?それだけよね』

最後の『それだけよね』

これが『つくる』しかない音楽への評価なんです。

はっとしました。

感謝や感動や人やって言ってる私が「技術」に惚れてる場合やない。

確かに「技術」は大事。
そして、そこに『育てる』事が加わらなければ、
真の感動はないのだ、と。

「技術」なんてすぐに真似される。

しかし、『育てる』には、いろんな要素が加わるから、真似できない。

私達は、子供達をつくってないだろうか?
07:59:18 | 環境 | comments(5) | trackbacks(0)
comment

育てることの難しさ、ひしひしと感じています。
でも育った時はそれ以上の喜びがありますね
by: スマイルハートの社長 | 2007.06.28 20:29 | URL

美しく早く安くできる。。。
もうけだけを考えてきた結果が
人間や地球をだめにしたんでしょうね
by: tamirin | 2007.06.28 21:52 | URL

詭弁ですね。『つくる』も『育てる』も簡単ではないし感動を生むかどうかは、行為者の情熱や努力によらない。仮にプロセスを知れば結果にかかわらず感動できる人もいる。デシタルとアナログの焼き直し。
by: 名無し | 2007.06.29 06:24 | URL

同感!
育てる愛情、大切だよね。
人も植物も動物も物も。
心の底から愛してるって言えたら
自分も相手も嬉しいもの。
そしてお互い成長する。
その愛情はオリジナルだから♪
今日も頑張ろうっ!!
by: ラフィーネカラー裕美社長 | 2007.06.29 09:14 | URL

共感できますね。

特に人を育てることは、お金で買うなど簡単な方法ではなかなか適わないものですね。

うちの会社でも人材が資産となるよう頑張らなきゃです^^
by: 社長の品格 上田健志 | 2007.06.29 19:45 | URL
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/284-14d7479b
| HOME |