平和を祈る日
 2007.08.06 Mon
written by さき姉☆
広島で62年前、大惨事が起こった今日、
平和式典が行われている。


広島で起こったことの恐ろしさを考えると、
本当に原水爆は廃絶することしかないと思うのだが、
ブッシュ大統領は、テロリストに対して、核兵器を使うといっている。
サイテーやわ。


市民は、平和的解決を望んでいるのに、
軍需産業の申し子ブッシュだけは、
核爆弾が落としたいらしい。


てめえの自宅におとせよ!!
って感じですよね。


兵器を増やしたければ、身銭切って買えよ!!
っていいたいですね^^


ま、あんまり辛口にしていると、FBIが逮捕しに来ても困るので、このくらいにしておきます。
昨日、早くおうちに帰ったので、NHKスペシャルを見ていました。
「核クライシス」という番組
今日もあるそうなので、興味がある方はどうぞ。
(すみません、堅苦しい番組が好きなもので・・・(嘘)ドラマとかあんまり見ないんですよ・・・(これは本当))

あんまり期待してみていなかったので、メモを取ったり、していなかったので、人の名前なんかは忘れてしまいましたが
広島で被爆して62年間、放射能について研究してきたおじさんがいた。
14歳で被爆だから、76歳。

肩書きも何も知らんけど、少年のころの気持ちを持ち続けるパワーは見習いたいものだ。
ましてや、被爆していて、体調はどうなんだろう?っておもう。


この番組によると、核爆発のタイプは何種類かあるようで、
広島に投下されたときは「空中爆発」したそうだ。

しかし、今後もし爆発させるとしたら
「地表爆発」「高度爆発」させるとかで、
どちらも広島と同じ規模の核爆弾を使ったとしても、
被害は甚大だそうだ。

「地表爆発」はテロリストなどが、核爆弾を直接都市に持ち込み、爆発させる方法で、
3秒間の熱照射と衝撃で、ほとんどの人が死んでしまうらしい。(92%ほど)
その後振ってくる放射線物質は、半年間降り続けるとかで、
地上から舞い上がった残骸が、汚染し続けるらしい。

広島の場合、地上600mで爆発したため、巻き上げられた土など放射能で汚染された破片などは、はるか上空に放り出されてしまって、放射線が降り続ける事はなかったらしい。


チェリノブイリのときがそうでしたね。
核の雨が降り続け、
恐ろしいことになっていましたね。


もっと恐ろしいのが「高度爆発」
とにかく高く打ち上げられればいいというこの方法。

放射能に襲われるとことはないが、
一瞬にして都市機能をストップさせることができるらしい。


核爆弾を数百km上空に打ち上げるらしい。

精度は必要なく、目的位置より100m離れても見事に目的を達せられるらしい。


というのも、上空で爆発することにより、大気圏(やったかな?)に静電気をおこさせて、巨大カミナリを作るという方法。

一瞬であることと、放射能は落ちてこないので、人体に影響はないらしい。

50万ボルトの電圧を一瞬かけて電子機器にどのような影響を与えるか実験していたが、あっという間に、パソコンも携帯もダウンしていた。

ラジコンのヘリコプターも墜落していた。

ニューヨークでは、5万機のジェット機が飛ぶらしいが、
そのジェット機も一気に墜落してくる。

もちろん車も壊れる。


これをやられると、一気に100年前のアメリカに戻ってしまう、と発言していたが、

そうなったほうがいいんだろうな~と一瞬おもった。


が、その後はすべてのインフラが停止してしまうため、
疫病がはやったりして、えらいことになるらしい。


高度爆発に対策している国は「スイス」しかないらしい!!

さぁ!みんな!

スイスに移住だ~!!


いやいや、違うやろ。。。


日本は唯一の被爆国。

平和を一番に訴えていかなければならない立場。



核は核でおさえるのではなく、

みんな一度に武器を捨ててはどうかと思います。

平和をつかみましょう!!



12:54:59 | 日常 | comments(1) | trackbacks(0)
comment

過去の失敗から何かを学ぶことを怠ることは、人間にとって最も恥ずべきことの1つだと思います。

何かを必死に訴え続けている声に耳を傾けることが出来ない狭量さも、同じく恥ずべきことですね。

知恵と道徳をセットで行使することを忘れた時、人間は自分自身の知力に溺れて身を滅ぼしてしまうように思います。

そうならないように、自分に出来ることは何だろうかと、考えてしまいますね。
by: 社長の品格 上田 健志 | 2007.08.07 00:57 | URL
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/299-5995c04b
| HOME |