スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
「あたりまえの家」がなぜつくれないのか?
 2008.04.11 Fri
written by さき姉☆
いま、「あたりまえの家」がなぜつくれないのか?
という本が会社の回覧で回ってきて読んでる。

アマゾンにはなかった・・・
この本にも出てくる高樹沙耶さんの「レアリテ」なら見つかった・・・
今とてもブームだそう。

レアリテ 1号 (2007)―あたり前の家と暮らしを手に入れる (1) (エクスナレッジムック)レアリテ 1号 (2007)―あたり前の家と暮らしを手に入れる (1) (エクスナレッジムック)
(2007/07/05)
高樹 沙耶

商品詳細を見る



新建材、とにかく私は苦手だ。

先日、他社の見学会を見せてもらったところ、「くさい」
いわゆる「新築のにおい」というやつなのだが、私にとっては苦痛以外の何物でもない。

胃に心臓が付いてるみたいに「バクバクバク・・・」と動悸が起きてくる。
そして、とにかく頭が痛い。

化学物質過敏症までは行かないが、化学物質にはとことん弱い・・・


新建材については、結局消費者が作ったものだ。と私は思う。


手入れのし易いもの、傷の付きにくいもの、早くできるもの。。。


それらはみな、利益重視の世の中と、消費者が確立したものだ。


利益は大切だと思うが、みんなが楽してお金がほしい、と思うから、こんな風になってしまうのだと思う。


一度反応すると、しばらく苦しい。。。
印刷物の、インクのにおいでも、胃がバクバクしてくる。

いいインクか、悪いインクかよくわかる。


ちなみに、おうちにある、食器洗いの洗剤やシャンプー、トイレ洗剤などを調合し、
毒ガスを発生させ自殺した大学生がいるらしい。

その毒ガスを吸って、家族も重体・・・

ということは、日常茶飯事で、われわれも毒ガスを発生させていることになる。

だから、便利さばかりに目を向けず、本当に自分たちにいいものは何なのか、考えなくてはならなくなっているのではないでしょうか?


ちょっと重たくなってしまいましたね。

何でこんなことを書こうと思ったか、というと、
今日、お昼にお蕎麦屋さんでご飯を食べていたときのこと。

二人のおじさんが別のテーブルでご飯を食べている、おしゃべりの内容が耳に飛び込んできたから。

A 「中国餃子以来考えられへんわ」
B 「そんなにちゃうんか?」
A 「ああ、去年やったらキャベツなんか今頃安い、安いのにな」
B 「だぶついてたわな」
A 「それが、大方4倍の値で動きよるんやで」
B 「ほんまかいな!」
A 「1k(ちょっと不鮮明)400円ぐらいやったんがな、今は1500円はする」
B 「そりゃすごいな。中国産は怖いさかいにナ」
A 「そりゃ、安い安い値段じゃ、機械代も出よらへんで。食べるんもでけへんから、みんな農家やめてしまうねん」
B 「そりゃそうやわ」
A 「みんな、もうからんでもな、機械代ぐらいでたら、ちゃんと農家やりよるねん」
B 「できたら、ちかくのもんたべたいわな」
A 「当たり前や。新しいし、日本人は日本の物食べるんが当たり前やねん。それが、アメリカやら中国やら、安い安いたべもの仕入れてよ。飛行機代入れても安い食べ物なんか、大丈夫かと思うで」
B 「ほんまや」
A 「小麦も米もとうもろこしも、みーんな国産がええに決まってる。みんなな、機械代が出たらやるねん。農家続けるねん。ほんま値段ばっかりたたいてから・・・」
B 「安くて生活ができへんから、継ぐもんもおらんなる。」
A 「今ぐらいの値段で、続いたら楽やけどな。」


その後も、そんな話を延々と続けていたが、本を読みたかったので、その辺でシャットアウトした。

しかし、すごい切実に聞こえた。

Aさんは多分農家なのでしょう。
朝4時前に起きて、お昼を2時前に食べてる・・・
畑に向かって一心不乱なんだろう。

今は、田起こしもあるし、種まきや植え付けも多い時期なので、結構農家は忙しい。

Bさんは畑もあるみたいだが、地主さんかな?と思った。
野菜のことはほとんど知らないみたいだった。


値段も私たち消費者が安いもの、安いもの、安くて便利なものと買い求めた結果、
中国餃子のような事件がおきてしまった。

中国から飛んでくる黄砂。
これにはいろんな有害物質がくっついている、などといっているが、
そんな中国にしてしまったのは、われわれ日本人ではないのか?

私は、以前から中国製のものはできるだけ買わないようにしているが、
外食などは、絶対に中国産を使っているケースが多い。


農家の方が言うように、国産のお野菜のほうが、中国産より新鮮な分おいしい。
しいたけなどは、干からびている。
土が付いてはいけないので、石突も切ってある。
サトイモも、土が付いていてはいけないので、土無しで輸入される。

山菜などは、塩漬けのドラム缶のまま、1ヶ月以上も港に放置してあるときもあるそうだ。

そんなものを、おいしいといって食べなくてはならないのは、
すごく貧しいように思う。


少なくとも、食ぐらいは、国内で確保すべきだ、と思う。


わたしも、庭に小さな畑をしているが、
自分でつくったものはとてもおいしい。


皆さんも、貝割れ大根からでも始めてみてはいかがですか?


そして、安い家、掃除のしやすい家、と、流されずに、
本当に心地よい家づくりを一緒に考えませんか?
15:33:59 | 日常 | comments(4) | trackbacks(0)
comment

お久しぶりです。
さすが本物思考のさき姉ですね。
よい家作り、期待しています。
by: スマイルハートの社長 | 2008.04.13 12:21 | URL

お久しぶりです!

本物思考というか、
みんなが取り組み易く、より本物に近く、といったところでしょうか?
by: さき姉 | 2008.04.13 20:16 | URL

私も、地場のものをできるだけ選んでます。
地場が難しければ、近郊の国産・・
それも旬のもの。
そして、隔週で有機野菜を頼んでいます。
100%化学物質を排除することは難しいけれど、
できるだけ本来の人間らしい生活を送れるようにしています。
もちろん楽しくできる範囲でね。(コレ重要v-237
by: タマ | 2008.04.16 16:52 | URL

▽タマさん

そーですね!
地産地消も温暖化対策になりますね!(笑)

有機野菜といわなくても、有機のものが食べられる日本にしなくちゃ、ですね。
by: さき姉 | 2008.04.16 20:31 | URL
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/384-85b56bcd
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。