スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
サブプライムの代償
 2008.09.25 Thu
written by さき姉☆
家賃保証などを手がける「株式会社リプラス」が破産した。


原因は、RIETのようだ。
以下日経ネットより
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リプラスが破産手続き、負債総額325億円
 東証マザーズ上場で家賃保証事業などを手掛けるリプラスは24日、東京地裁に破産手続き開始を申し立て、開始決定を受けた。負債総額は約325億円。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の影響で資金調達が難しくなり、滞納家賃の代位弁済などの運転資金が確保できなくなった。10月9日に上場廃止となる。

 リプラスが設立した不動産投資信託(REIT)のリプラス・レジデンシャル投資法人は同日、東証上場を維持できる見通しと発表した。REITの資産は設立母体のリプラスとは隔離されるため。米投資ファンドのオークツリーグループが実施中のレジデンシャルへのTOB(株式公開買い付け)も継続される見込み。

 リプラスの2007年12月期の連結売上高は351億円。不動産ファンドも運営していたが、市況悪化で関連収入が急減。08年6月中間期は32億円の最終赤字に転落した。(24日 22:01)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

家賃保証のほうは、当社でも、加入してもらっている店子さんがいるが、数少ないし、
何の問題もない方ばかりなので、影響はすくないが、

サブプライムも迷惑なことだ。


日本のバブル期よりもひどいお金の貸し方なのだ。


低所得者に家を持たせて、払っていければ治安が良くなるかもしれないが、
破産させてしまうと、もっと治安は悪くなる。


貸すところがない、というところだろうか。
日本でも、どこの金融機関でも住宅ローンに力を入れている。


なぜならば、「貸すところがない」のだ。


貸し倒れになりそうなところには貸さない。
総量規制も取れ、ゼロ金利も解除になったが、
一向に景気が上向いていかないため、
金融マンは、「貸すところがない」とぼやいているのだ。


そこで、低利益だが、回収確実な「住宅ローン」にシフトしているのだ。



回収スパンも長い。
35年が主流だ。

管理も大変だ。


だが、回収の確実な長い期間にわたって収益のある、「住宅ローン」は、ねたのない金融機関にとって、ちょっとしたドル箱なのである。


各社それぞれ特色があるが、今後の返し方、性格、などによって、
「全期間固定」がいいか、「変動金利」がいいかはことなる。


今は、低金利なので、「固定金利」がいいと思うが、
まだまだ低金利も続いていきそうなので、変動金利でも性格によっては大丈夫だと思う。



その大丈夫な性格、とは、
毎月の返済額以外に、貯金をして、積極的に繰り上げ返済をしたいと考えるタイプ。


その金融機関が取り組んでいるならば、「元金均等返済」を選択したり、

元金と金利の関係を勉強して、今の自分の不動産と残債がバランスの取れた債権になっているかどうかを気にしているかいないか、だ。




「ローンは返していれば、減るだろう」というお考えの方は、
できれば「全期間固定」をお願いします。

09:44:16 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/426-244012a0
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。