あれから14年
 2009.01.17 Sat
written by さき姉☆
阪神淡路大震災から、もう14年。。。

学んだことの多い、震災でしたが、この日だけは、必ず朝5時46分近辺に目が覚めますね。


昨日も遅かったので、起きられない、と思っていましたが、目が覚めました。



それにしても、すごい大惨事です。


いくら、ガザ地区の空爆がすごいといえど、一月近くで1000人ほどの方が亡くなったのですが、
阪神淡路大震災はたったの20秒ほどで7000人近い方の命が奪われたのです。

改めて、自然の驚異には驚きますね。


しばらくないだろう、といっても、対策をしておかねば、この震災を教訓にすることはできません。


大きなお金をかけなくてもできる対策もあります。

できれば皆様のおうちでも、一度見直されてはいかがですか?



たとえば、タンスの下敷きになってお亡くなりになった方もいらっしゃるのですが、
タンスの下の一番手前の部分に、新聞紙を折って挟み込んでおくだけでも、
手前へ倒れてくる危険を回避できるのです。

一階で寝ている方は、家自体の倒壊を防ぐために、寝ている部屋だけでも、ベニヤを張り増しする、
簡単な壁補強などもしていただけると、かなり安全になるようです。


皆様の防災意識を、この機会にもう一度高めていただければ幸いです。


そして、このような悲しい出来事が起きないように、
建築にかかわるものとして、できる限りのことをやっていきたいと思っています。
12:32:45 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/456-2580b43e
| HOME |