スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
確定申告
 2009.02.24 Tue
written by さき姉☆
まず皆さんに報告です。
前の日記でご紹介しましたてんつくマンの「あんたの神さま」は、堂々1位となりました。

特典なし。
広告なし。

これで、ほんまに1位になるんかな?っておもっていたら、
なんと!びっくりでした。
その瞬間1位になったのではなくて、翌日も、そのまた翌日も1位でした。
しばらく10位以内にありました。

この本の印税は、植林とか、恵まれない子供達のために使うそうです。

本の中にもかかれています。



先週は、確定申告を仕上げるはずだった。

そう。
はずだった。


でも、そこに行き着くことはなかった。


日頃留守にしていること。
両親が留守だったこと。

全然やってらんねーよ!


ってなわけで、今週こそ確定申告するぞ!


実は、サラリーマンでも、税金が返って来ることもあるそうな。
日経トレンディに書いてあるそうなので、
良かったら読んでみて。

こちらをクリック

サラリーマン必見! 納めすぎた税金を確定申告で取り戻せ2009年02月18日
Prev Next  2月16日から所得税・贈与税を対象とした確定申告書の受け付けが始まった。もっともサラリーマンの場合は、会社のほうで年末調整をしてくれるためか、確定申告と聞いても「自分には全く関係ないもの」と思っている方も多いようだ。しかし、それは大きな間違い。今や5人に1人が確定申告をするとも言われるほど、確定申告をする人が増えている。

 「なぜ、サラリーマンが自分で確定申告をしなければいけないのか?」

 理由は簡単。確定申告をすると源泉徴収された税金が還付される“基準”がいくつも用意されているからだ。この基準を満たしているのに確定申告をしなかった場合、源泉徴収されたままになってしまう。税金を納めるのは国民の義務とはいえ、今のご時勢、少しでも還付を受けられるなら申告をしない手はない。確定申告の受け付けが終了する3月16日までに、自分が基準に達しているかどうかだけでも、確認してみてはいかがだろうか。

 「わざわざ自分で確かめるのは面倒だ…」

 そう、思われた方もいるだろう。しかし、一手間かけるだけで数万円のお金が戻ってくることもある。1時間くらい時間を費やすのも無駄ではないはずだ。税務署は「税金を払いすぎていますよ」とは指摘してくれない。自分で「納めすぎた税金を還付してください」と申告しないと、お金は返ってこないのだ。

 昨年は、金融危機による円高株安、そして派遣切りへと向かった波乱の1年だった。株式投資で損を出してしまった……。あるいは退職を余儀なくされ、12月中に再就職が決まらなかった……という方もいるだろう。そんな苦難の1年だった方は、確定申告をしたほうが得になるケースが多い。なぜ、確定申告で得するのか。どのように確定申告書は書けばいいのか。今回は、そんな“サラリーマンが損をしない”確定申告のツボを見ていくとしよう。

意外とかかっている医療費! 家族でまとめて申告する
 では早速、サラリーマンが確定申告で得するケースについて見ていこう。まずは年末調整後に、新たな控除が発生した場合だ。具体的な例を示すなら、生命保険の支払明細などを提出し忘れていた場合や、出産で扶養家族が増えた場合など。年末調整を受けていても、その後に控除額が増えれば、納める税金も安くなる。所得税は源泉領収されているので、その差分が戻ってくるわけだ。

 次は、2008年に入院などで高額な医療費を支払った方。医療費の合計金額が1年間で10万円以上なら、確定申告の対象となる。ここでいう医療費とは、自分が病院に支払ったものだけではない。妻や子供の医療費、さらには仕送りで生活している子供、父母などは、一緒に暮らしていなくても「生計を1つとする」と認められれば、家族の医療費を合算して請求できる。

 また、ドラッグストアで購入した風邪薬や胃薬の代金、腰痛などの治療目的でかかった鍼灸院や接骨院(マッサージ師、指圧師、鍼灸師などの有資格者)の施術費用、義歯や矯正といった保険適用対象外の歯科治療費の一部も医療費控除の対象になる。通院に使った電車賃やバス代も医療費に含められる(※通院に使った車のガソリン代や駐車場代などは医療費控除の対象になりません)。1件あたりは小額でも、まとめれば控除の対象になるかもしれない。今までレシートを捨てていたという方は、今年から保存しておくようにしよう。

※初出の情報に誤りがありましたので一部内容を修正いたしました。当初、「通院に使った電車賃やガソリン代も医療費に含められる」としておりましたが、ガソリン代は医療費控除の対象となりません。お詫びして訂正いたします。

確定申告書はネットで簡単に作れる
 では、実際に医療費控除の確定申告書を作ってみよう。利用するのは、国税局が開設している「確定申告書作成コーナー」だ。あらかじめ用意しておくものは、勤めている会社の源泉徴収票と、医療機関にかかった領収書。書類が手元にそろったら、「所得税の確定申告書」の作成に取りかかろう。

 まずは、昨年もらった給与と控除額を、源泉徴収票を見ながら入力。続いて「医療費控除」から、利用した医療機関と支払った医療費、また生命保険などから補てんされた金額などを入力する。入力した数字に誤りがなければ、還付金が自動的に計算され、確定申告書が出来上がる。

不況の今だからこそ確定申告をすべし!
 非正規社員の大量解雇。上場企業の倒産など、暗いニュースが飛び交った昨年。職を失い、昨年内に再就職できなかった方は、もちろん今までのように年末調整を受けることはできない。毎月の給与から天引きされている源泉徴収額には社会保険料などの控除が考慮されていないため、必要以上に税金を納めていることになる。

 初めて自分で確定申告をする方は、どこから手を付けていいか分からないかもしれないが、黙っていたら納め損だ。確定申告で正しい控除額を申請し、納めすぎた税金を取り戻そう。

 申告に必要な書類は、源泉徴収票と、退職後に支払った年金や国民年金保険料、生命保険、損害保険の支払明細などだ。源泉徴収票がない場合は、勤めていた会社に申請して送ってもらおう。

 では実作業へ話を移そう。今度は「申告書を作る」ページで「確定申告書A」(退職金をもらった方は「確定申告書B」になる)を選択する。申告書作成ページが表示されたら、「給与」欄をクリック。源泉徴収票を見ながら、支払額、給与控除後の所得金額、源泉徴収額を所定の場所に入力する。次に「社会保険控除」の入力画面へ進み、プルダウンメニューで「源泉徴収票のとおり」を選び、金額を入力する。退職後に国民年金、国民健康保険に切り替えている方は、それぞれ支払った額を入力しよう。

 あとは、申告者の氏名と住所、還付先となる金融機関を指定するだけ。作成した確定申告書はPDFファイル形式で表示できるので、プリンターを接続して印刷すればいい。間違いがないことを確かめたら、所定の場所に押印すれば完成だ。確定申告書の提出は、税務署の窓口に直接持っていくか、郵送すれば受け付けてくれる。

株や投信の損失は確定申告で繰り越そう
 最後は、サラリーマン投資家の方。ネット証券などを使って株式を売買していたり、投資信託を購入しているという方が対象となる。日経平均株価は、昨年、直近の高値から約1万円以上値下がりした。思い起こすと、2007年前半は円安による株高の流れが続き、日経平均株価は一時、1万8000円台に。この勢いはまだまだ続くはず……と信じて投資していた方は大きな損失をこうむったはずだ。

 昨年、株式や投資信託で損失を出した方にも、やはり確定申告をおすすめしたい。なぜなら、株式や投資信託の損失金額は、最大3年間繰り越すことができるからだ。

 もし今年の運用が成功して利益が出た場合、今年の利益分と、昨年の損失分を差し引きすることで、徴収される税額を減らすことができる。ただし、FXや外国株式、外債などは合算できないなど、投資商品によって合算できるものとできないものがある。この辺は、国税局のホームページや利用している証券会社などで確認してほしい。

 何かと面倒くさいと思われがちな確定申告だが、今回紹介したように国税庁の確定申告書作成コーナーを利用すれば清書する必要もなく、手間がかかる金額の計算はすべて自動。確定申告をする目的さえ明確になっていれば、入力する項目もそれほど多くない。

 大切なことは、確定申告をしたほうが得になるのかどうか、自分自身で確かめること。もし得すると分かったら、すぐさま必要な書類をかき集める。書類の作成はネットを使えば、30分もかからずに終わるはずだ。確定申告書の受け付けは3月16日まで。税金を納めすぎている方は、ぜひ確定申告をして還付金を受け取ろう。

18:02:20 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/470-75cebc85
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。