スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
太陽光パネル・どんどん技術革新してほしいですね!
 2009.05.24 Sun
written by さき姉☆
SANYOさん、すごいじゃないですか!

Yahoo!ニュースより。


三洋、太陽電池の世界記録更新 変換効率20%パネルに一歩
5月23日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


三洋電機が変換効率で最高記録を更新した太陽電池=22日、東京都港区(写真:フジサンケイビジネスアイ)
 三洋電機は22日、太陽光発電パネルの主要部品である太陽電池で、太陽エネルギーを電気に変える変換効率の世界最高記録を更新した、と発表した。2、3年後の量産化を目指す。

 22.3%だった従来の記録を23.0%に塗り替えた。記録更新はシリコンを使ったタイプで100平方センチメートル以上の実用サイズで達成した。太陽電池を複数枚配列した太陽光発電パネルの変換効率は現状10%台のものが多く、今回、部品性能が向上したことを受け、三洋ではパネルの20%台も視野に入れ、開発競争で優位性を確保したい考え。発電効率の向上は、設置するパネルの面積が小さく済み、販売価格の低下につながるだけに、国内外のメーカー間で効率向上の開発競争が過熱している。太陽電池の変換効率の引き上げは、22%台が中心だったが、三洋は実用サイズとして世界で初めて23%の壁を突破し、パネルでの20%台実現に向け、ライバルを突き放した格好だ。

 三洋は、電池表面で受けた太陽光を発電層に導く役割を持つ、導電膜などを改良し、吸収損失を低減することに成功。また、電気の素である「電荷」を効率的に取り出す技術を確立し、電流が約0.8%増え、1平方センチメートル当たり39.5ミリアンペアへと改善した。ソーラーエナジー研究部の丸山英治部長は「20%を上回る発電効率の高い太陽光発電パネルの実現に一歩近づいた」と話した。

 ■基準統一、消費者の混乱回避

 太陽光発電装置は、国が設置時の補助金制度を3年ぶりに復活させたほか、東京都など自治体も独自の補助金制度を始めるなど、“ダブル補助金効果”で追い風が吹いている。一般住宅向けでは、2009年度は前年度を60%以上上回る10万件弱の設置が見込まれている。

 一躍、有望市場になったことで、メーカーによる販売競争も激しさを増している。三洋電機は国内生産量でシャープ、京セラに次いで3位。4位の三菱電機が追い上げる中で、低価格を武器に中国の太陽電池メーカー、サンテック・パワーが日本市場に参入するなど攻勢をかけており、商品の品質面での優位性を打ち出す必要に迫られていた。今回の技術革新の量産化は数年後だが、高い技術力を誇示することが消費者へのブランド力アピールにつながるだけに、国内メーカー間では、方式の違いを利用し、それぞれが変換効率について「世界最高」「業界最高」とアピールしている。消費者の混乱を回避するためにも、基準作りが求められている。(佐藤克史)
原子力発電所に力を入れるよりも、同じお金や資源を使うなら、太陽光の開発に力を入れてほしい。


私達が、節電をすることはもちろんなのですが、
私達は、どんどん節電と反対の方向に行ってます。


(電動シャッターとかさ)

私は、必要のないものは、やめたほうがいいと思うんですね。


手で開けたって、いいと思うんですよ。


地震の時、冷静さを失って、停電して、電動シャッターを手動に切り替える作業、できると思います?


私はできないね。


だから、開け閉めできないであろう場所以外の電動化は絶対にオススメしません。




リビングの掃きだしぐらい、手で開け閉めしてください。

冬は寒いもの。


日本に生まれたんだから。四季の移り変わりを楽しんでほしいな。

09:41:51 | 環境 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/497-53e15dfc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。