スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
値引きの正体。
 2010.10.25 Mon
written by さき姉☆
結構、ハウスメーカーって、値引き合戦って、知っていました?



聞くところによると、大幅値引きしている会社も多いらしく、
私も値引きについてはお客様に何度も、警告を発してきましたが、
やはり、お金のことについては、ぐらっと来易いところ。


お金の誘惑に負けてしまうんですね。




以前から、値引きをするときは、それなりの根拠を示して値引きしてきました。



意味のない値引きはできないからです。


モニター(完成見学会など)とか、
仕様の変更とか、何の根拠もなく、契約が取りたいがための値引きなんて、自分の会社の利益を度外視して、したらあかんのです。




ハウスメーカーはそういうことを平気でやっています。


なぜなら、下請け泣かせたらそれでお終いだからです。


値段交渉の激しくない信者みたいなお客さまから利益を取ればいいからです。




人が、つまらない思いをして、建てたお家で、幸せに暮らせますか?






自分だけ得したらそれでいいやん、って思っている人、多いでしょうけど、
実は、自分だけ得することはありません。



ちゃんと、後で元は取られるんです。


契約も終わって、打ち合わせのときにきっちり利益は上乗せされていくんです。



もともとの契約は、安くで済んだかも知れないけれどね。



また、工事のときにきっちりわからないところで落とされていくんです。



仕様もね。
見た目そっくりで、値引き対応の仕様があったりする。


たとえばね。


玄関の断熱性とか、みんな知らないと思うけど
K2とかK4とかってあるんだけど
その数値で、断熱性能が違うねん。


以前ね、予算がほんまになくて、ものすごい安い値段で建てた家があってんけど、
そこも、結局、断熱ドアやなくて、しかも北東のかどに玄関があって、
冬になると、玄関が結露する、って言われてん。


そんなこといちいち確認せんやろ、ってところで、きっちりお金抜かれてるんです。




営業としてはね、とても悲しかってん。




でもね、何かしら安く済ませないと、利益が出ないやん。


新しいだけの家って、すごいむなしいやん。



ハウスメーカーだって、そんなことやってるねん。




結局、本人は安い買い物したつもりかもしれないけれど、ちっとも安くなかったりする。




値引きをしてくれる会社は怪しい。



しかも、最初から値引きを匂わせてくる会社は最低やと思う。




以前、競合したときに、お客さんの口から、信じられないような話を聞いた。


そのお客様は、結局私がいた会社で建ててくれたけれど、

他社の見積もりを見せながら、
「『ここから、15%は値引きできます。』って言われて渡されたんです。」



そんなん、最初から15%載せてるに決まってるやん。




あほらしいて、
「うちは値引きあんまりないんで、値段引いてほしいんやったら、そこで契約してください。」
って言いました。


うちは、25年前、値引きしてもらってHハウスで建てたけど、
本当は入れるべきところのALC板を抜かれました。


結局、安かったことはなく、
そこの面にある、押入れは、いつも結露するんで、かび臭かったりするんです。



なんか、ぼやきに近くなったけど、たくさん値引きしてもらって得することはない、と思ってください。



あ、もちろん、今現在あるものならば、値引きしてもらっても大丈夫でしょうが、
これから作るものは絶対にだめです。



11:28:48 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/598-a78bb60f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。