非電化工房に行ってきました!
 2011.10.04 Tue
written by さき姉☆
最近
ビッグイシューを時々買うんだけど
結構面白い情報が載ってるんだよね


確かに あの薄さで300円って結構な値段かもしれないけれど
誰かの恋愛の記事を読みたいとも思わないし
本当に中身のある記事しかないので
結構好きで買っている

ホームレスのおじさん(最近おばさんもいることを発見)も本当にまじめに販売されているので
ついつい買ってあげたくなってしまうのもある

この非電化工房を知ったのも
ビッグイシューだ

発明家というのは本当にとてつもない

普通の感覚ではないことは知っているが
行動力もすばらしいと思う

那須塩原
もう少し都会かと思っていたけど
ぜんぜん違う

だって 那須の御用邸があるぐらいだからもっと都会でもいいと思った
新幹線もとまるのにさ

ここも放射能で汚染されているらしい

発明家はここでも活躍する


非電化

私はこの考え方を広めたい


電気を大量に使うことを前提とした生活では
いくら節電したって苦しいだけだ

友達のうちにはあって
自分のうちにはないと
悲しくなったりする

あれといっしょなのだ


電気がなくても生活できるくらしは昔はそうだった

今 NHKで松下幸之助おの半生のドラマをやっているが
「エレキに夢中になった」というぐらいであるのだから
ほんのちょっと昔は電気でさえ貴重なものだった

今も貴重なものとなりつつある

省エネ住宅ではなくて
小エネ住宅にしたいのだ

我が家は最近エコポイント商品のおかげで
ものすごく電気代が安くなった

もともと1万円超えるのは冬ぐらいだから
それに輪をかけてということになる

育ち盛りの子供がいて5人家族で1月7000円以下というのは
おそらく我が家ぐらいではなかろうか

それに反し
うちの向かいに引っ越してきた人は
毎晩テレビつけっぱなし、
エアコンつけっぱなし、

おそらく3~5万円は払っているんじゃなかろうか・・?

今年の夏みたいにすごしやすかったにもかかわら
ずこのご時世にエアコンつけっぱなしというふとどきものは、
非国民としてもいいぐらいだ。

つけっぱなしの主は高校生ぐらいの女の子と思われる。

お父さんおかあさんも相当だが
彼女の太り方は尋常ではない。

暑いんだろうなあ・・


今まで夜エアコンつけっぱなしの家はなかったので
夜中うるさくて仕方ない。

開けっ放しで寝ていると真夏でも寒い時があるというのに
エアコンつけっぱなし。

こういう人に非電化といっても
どこの言葉だかわからないと思う。

こういう人は停電が増えたときに困るだけなので
このままにしておくのが一番と思う。


原発が動かなくなって困ったのは、結局サラリーマンであった。


節電よりももともと電気を使わなくても動くものを考えたほうがいいということは
もう一目瞭然なのだ

DSで遊ぶより、カードゲームのほうがましだなwww


ともかく
電気がないと困る生活になりつつあるのは危険だ、ということだ。

私が一番みたかったのは50万円でできるとホームページでも豪語されている
「非電化カフェ」だ

残念ながら震災の影響でこのカフェは建設されていなかったが
できるであろう構想は聞けた。

また、その元となるストローベイルハウスともみがらハウスは現実に見ることができた。
straw

ストローベイルハウス
straw2



そしてもみがらハウス
momigara



似たような外観だがこれはそれぞれ断熱材が違う
ストローベイルはわらを使っている
もみがらはもみがらだ

もみがらはグラスウールと同等の断熱性能があるということだ。

なぜなら、もみがらはガラス質でできているからだ。

米を守るために、硬いガラスでできている、という自然の不思議だ。



そして、
もう一つ見たかったの、非電化冷蔵庫。


簡単に自作できるらしい。

我が家にも作ろうと思う。

その心は、ビールを冷やすためww


みなさんの台所のうしろに大型の非電化冷蔵庫があったら便利ではないですか?

電気代が永遠にいらない冷蔵庫ですよ!

私は欲しいです。


とりあえず
我が家の家業であるお茶を保管するための冷蔵庫がほしいので
それを作ってみようと思う。


この考え方を実践して
非電化リフォームを皆さんにご提供できるようにしたいと思っています!


省エネではなく 小エネ住宅を作っていきたいと思っています。


来年我が家の食品庫の完成見学会をしたいとおもうので
みなさん見にきてね♪





詳しくはまたアップしますね♪
10:48:51 | 環境 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/631-72249104
| HOME |