スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
任意売却をリノベーション?
 2012.02.08 Wed
written by さき姉☆
競売とか任意売却って、どうしても負の部分を感じずにはいられないんだけど、
お金の心配があるから家が汚くなるのか、
家が汚いからお金がなくなるのかどっちだろう?って考えてみた。


たぶん、どっちもなんだろうけれど、基本的には、その場しのぎで借りてしまったお金などで、
ローンが払えなくなるような気がしてならない。


自分の家を競売で落としたときに、債務者といろいろ話したが、そこも、息子さんの失敗した借金を肩代わりしたがために、
手放さなければならなくなった、ということだった。

悔しい気持ちは良くわかる。
決して、お金がないわけではない。
ましてや、おばあちゃんは、自分の生まれ育った街いわゆる故郷なのだ。

相続でもらった土地を奪われる。
それは苦しいことかもしれない。

その家は、28坪で、4人家族で住むにはちょうどよい広さだが、
荷物がありすぎて、ひっくり返っていた。

競売で落とした後、裁判所の立会いで強制執行の予告に行ったとき、
留守だったので、鍵を開けて入ったが、ものだらけ。そこらじゅうに積み上がっていた。
掃除なんてできる状態じゃなかった。

競売開始当時の裁判所の写真と比べると、明らかにぐちゃぐちゃだ。

どうでもよくなるんだね。
そうなると。

特に、風呂なんて、何日も洗っていない感じだった。
白い油みたいなのが固まっていて、気持ち悪かった。
それがカビててまっくろになっていた。
後でわかったことだが、給湯器が壊れていた。

どうやって風呂に入っていたのだろう?
冬寒いのに、水?
信じられない。

昨日も、信じられないぐらいの汚さのマンションに行ってきた。
リノベーション物件の仕入れのために。

月曜日に行くと、引越し中とのことで、荷物がつみあがっており、とてもじゃないけど、入れる状態ではなかった。

カウンターのところに墨のようなものが撒き散らしてある感じが見えたので、
相当ひどいことは予想できた。

しかし、翌日行ってみると、それは墨ではなく、カビであった。
ninbai4


仲介業者と3人で見に行ったが、
玄関開けたとたん、「土足?」と顔を見合わせた。

が、一応、昨日まで住んでいた家です。
スリッパで入りました。

しかし、そのスリッパは置いてきました(笑)気持ち悪くて、もって帰られない。。。


名誉もあるので、この物件がどこかは言いません。

もちろん、仲介で販売している物件ですけどね。

風呂の浴槽のエプロンも割れていたし、建具もぼろぼろ。
トイレは公衆トイレのようなにおいがしていました。

もちろん、キッチンも。。。
ninbai1

ninbai2

こんな和室で横になれないよ。。


任買の家も、何件か取引してきたが、ここまで汚いのは、初めてかもしれない。

もちろん、競売はえぐいのあった記憶もあるが。。。


そのほか、とんでもない量のごきちゃんの卵とかもあった。

これ見て、買う一般人はいないと思うな。

債権者も相場みて金額指定してはるんやろけど、
相場よりちぃと安いぐらいじゃ売れない。

やっぱ、これはリノベーションしかないと思うな。

こんな風にしか使えないやつに、お金かした自分が悪い。

鬼の指値をしてもいいと、仲介業者から連絡があった。


おそらく、3掛け~4掛けの価格になるではあろうが、お金になるだけましと思ってもらわなければ仕方がない。


ただ、景色は抜群にいいので、リノベーションすれば、本当にいい物件になると私は思う。


さて、コーディネート、考えなくちゃ。

13:27:32 | 不動産 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/647-b6f07ae6
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。