やたら、山本五十六にはまる(笑)
 2018.02.02 Fri
written by さき姉☆
苦しいこともあるだろう
云い度いこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう


これらをじつとこらえていくのが
男の修行である。


山本五十六さまと言えば
「やってみせ、言って聞かせてさせてみせ、ほめてやらねば人は動かじ。」
が有名ですが、
私は、男の修行が好きです。

人間を愛し、愛するからこそ、勝たねばならぬ。
愛する人の元へ返してやらねばならないという気持ちが、名将であったのだと、勝手に思っていますが、遺されたものに、戦わずして乗り越えることを優先にしてたのを、ひしひしと感じるのです。

人の命を預り。自分の意とは全く違う戦局にいた山本五十六さまと自分を一緒に出来ないけれど、
堪えると言うことが本当に苦手な私。

でも、堪えなければならないことは沢山ある。

堪える自分でありたいと。。

そして見つけた山本五十六語録に追記してみました(笑)


博打をしないような男はろくなもんじゃない!
by山本五十六

追記
博打にのめりこむような男はろくなもんじゃない!
byさき姉
09:12:41 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sakis.blog46.fc2.com/tb.php/705-f8a49c9d
| HOME |