スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
安い業者に頼むと高くつく。。
 2017.01.12 Thu
written by さき姉☆
お客様の土地の解体が終わったようなので、見に行ったところ、
マンホールが陥没。。


狭い道で、作りも結構テキトーのように見えてたし、その辺り、地下水が結構大量に出てる所なので、地下が空洞化してたんだろうか?


配管に影響ないといいが。。


こんなの、コンパネ1枚で防げるのに。

2~30万ケチって、これじゃ、道直すのんが高くつく。。

「安物買いの銭失い」って良くいうけど、
値切って値切って、結局これじゃ、どうしようもない。

06:43:10 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
ガレージセールを行います。
 2016.11.25 Fri
written by さき姉☆
三王テックのガレージでセールを行います。


DIYをする人にはいいチャンスですよ~

今回の目玉はエコジョーズ!2台あります!

また、ブラインドやら手すりなどもあります。
建具もありますよ~

みなさまのお越しをお待ちしております。


ガレージセール


コンロ
10:49:50 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
あー。。難しい。。
 2016.09.03 Sat
written by さき姉☆
皆さんおひさしぶりです。


とりあえず、注文建築のプランを検討しています。

しかし、土地が難しい。。

面積は広いけど、進入路が狭く
敷地の中に雨水排水のでっかい側溝があったり、
倒れかかっているコンクリートブロックの塀が、実は、隣の敷地の土圧を受けてたり。。

多分、無筋。。

相手方に倒れてるけど、取れない。。
長さが長すぎる。


頭いたいですね。。
11:56:37 | 日常 | comments(2)
ポートアイランド住宅Web見学会
 2015.06.02 Tue
written by さき姉☆
昨年12月に完成してたのにね(笑)
毎週末開けてます❗
神戸市中央区港島中町3-1-46ポートアイランド住宅46号棟110号室

キッチンは、人気のオレンジ。
それに合わせて、IKEAで一組だけ見つけたオレンジ色のカーテン













和室は、間接照明で感じ良く
8畳を6畳にして、壁をとり、開放的に。

12:23:03 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
不陸について
 2014.11.09 Sun
written by さき姉☆
いきなり、耳慣れない言葉で、すみません。
不陸」ってなんぞや?という方の方が多いことと思います。

不陸とは、平らじゃない、傾いてる床のことを大体さします!

今、解体工事中のポートアイランド住宅46号棟もそうなんですが、コンクリートの床を平らにするってなかなか難しいんです。

しかも、昔は今のような便利な道具はなくて、
空気を抜くのに、棒を突っ込んだり、
平らにするのに、上から叩いたりしてた訳です。

今は、ぶるぶるぶるぶる。。

という機械で簡単に均質に出来るわけです。

生コンを打ち込んだら、固まるまでの間が勝負!

昔は相当な肉体労働だったでしょうね!
(私は、子どもだったので、近所の基礎工事なんかを見学?観察?してたとき、一生懸命やってはりました。コンクリート捏ねる機械?道具もおいてあったなぁ?あれはただのモルタルだったのかなぁ?)

昭和50年代のマンションは、結構不陸があります!

段差が多いところもあるので、それを逆手に、とって、床の高さを木で地を組んで上げると、不陸は解消されます!

不陸は、別に悪いことではありませんが、
傾斜は、健康被害がある場合があります。

地盤の変化などで、3%位は傾いてるマンションが結構あります。

その位だと、感じない方も多いですが、
5%になると気持ち悪いと思います。

健康被害としては、「不定愁訴」があります!


不定愁訴って、一体なんぞや?という言葉ですが、
なんとなくだるいとか、頭痛がする、というような、病気のような病気でない状態のことを言います。

三半規管が、平行がわからなくなり、起きてしまう病気です。

なんとなくがずっとなのでけっこ結構きついんです!


原因がわからない場合、お家が傾いてる場合もあるので、ご相談くださいね。


そして、「不陸」のことを書こうと思ったきっかけは、
お隣のポートビレジでのこと。
昨日、職人さん達が、ひび割れたタイルを1枚1枚剥がして、張り替えてくれていたのです。



こんなになったのを



こんな風にね。

ポートアイランドは、阪神淡路大震災で液状化し、地盤もかなり変化しています!

ポートビレジのこの廊下も、ショッピングモールながら、ガタガタです!

おそらく、震災直後にも、補修してあるはずですが、ぐにゃぐにゃになってますから、
どうしても、負担の掛かるところから、ひび割れてきます。

これは、ずっと補修し続けなければならない、ということを差します。


不細工だから、補修したのだとは思いますが、
お家の中も、同じことが言えますね。
例えば、クッションフロアの直貼りのところでも、亀裂が入って張り替えても、同じところにまた亀裂が入ってくるんです。
不思議ですよね!

木で地を作るときに高さは自由に出来ますので、
でこぼこの解消ができるんです。

そういう木の特性を生かして
長持ちするリフォームをしませんか?
11:46:23 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
back | HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。