スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
海外不動産投資
 2012.03.15 Thu
written by さき姉☆
「バリでずっと生活したいのよね」

友人が言う。

彼女が言うには、バリは日本よりも貨幣価値が低いので、
100万円あれば、一年メイドさんつきの生活ができるという。

そして、金利が10%ぐらいだから、1000万円あずけておけば、毎年100万円は受け取れるから、
それで食べていける。
働かなくていい。



それで本当に幸せ?


私は聞きたかったが、「ふーん」と答えただけだった。


まったく興味がなかった。


毎日リゾートにいたって、飽きてくるのは間違いないし、

この金融不安なときに、バリに投資して、自身の預金が守られるとも思えない。


すべて、「永遠」なんてことはないのである。


今はそうでも、今後どうなるかはわからない。


アンテナ張るべきところが増えるだけなので、基本的にあまり遠くに投資したいと考えていない。



中国バブルだっていつまで続くのかわからない。


彼女のように、バリにしょっちゅう行くなら、そちらに預金ぐらいしてもいいかな。


でも、不動産はやめたほうがいいらしい。

バリでは、外国人でも、不動産を取得することはできるが、いざというとき、元所有していたバリ人に名義が書き換えられるという、とんでもない制度があるらしい。

まったく、登記に公信力がないというか。。。

さらに、バリのVIPたちに不都合なご来客があったとしたら、税関で帰らされるという、
これまたとんでもないお話が待ち受けているのである。

だから、某資産家となった、バリ在住の日本人などには、仮に、「だまされた!」とねじ込むことさえできないのである。



なので、口車に乗せられて、不動産を高い値段で買うのはやめたほうがいいと思う。
日本より安くても、海外ではそんな値段じゃないと、心して聞くべきだと思う。


とにかく、海外投資というのは、よく調べてからでないと、難しいと思う。


昔流行った、原野商法とでも思っておくことが望ましいように思います。


みなさんも、おいしい話には裏がある、ということを良く知っておいてほしいと思う。

11:00:57 | 不動産 | comments(0) | trackbacks(0)
持ち家のススメ
 2012.02.13 Mon
written by さき姉☆
みなさん、持ち家って、憧れって思っている人が多いと思うのですが、
ローンが使えるから、案外そうでもないと思うのです。

もちろん、最近契約社員とか、正社員ではない雇用体系も多いですから、
ローンが組みにくい人も増えていますが・・・


でも、それでも、もしローンが組めるんだったら、持ち家にこだわってほしい。


なぜなら、賃貸って言うのは、借り物じゃないですが。

もし、会社がつぶれました、家賃払えません。

そんな時、即出て行かないといけません。

でも、持ち家ならば、多少の猶予はある。
たとえば、金利だけは払っておくので、返済は少し待ってほしい、とか、
毎月10万円だった支払いを、しばらく5万円ずつ払っておくから、しばらく待ってください、とか
借りているのはお金。
返さないと即返してくれ、ってなりますが、金利を払うとか、一部返済する意思を見せていくと、
少しの間であれば待ってくれる。

だから、その間に自分の生活を立て直すことができます。

もちろん、ローンは事故扱いになりますが、
家を手放すことはしなくてもすみます。

もちろん、破産してしまったら、すべて返さないといけませんから、
当然家も売り払わなければいけません。

最初は小さくてもかまわないのです。

無理をしないで購入する人が増えています。


たとえば、現金購入できる1000万円~1500万円の物件を購入したり。

全部自分は難しいかもしれません。

でも、親や親戚に助けてもらって購入する人結構います。


ローンも、15年とか短めのローンで済みます。

35年ローン組んでいるのは、新築で家を建てる人ぐらいじゃないでしょうか?


中古の家を35年は、よほどのいい場所の物件でないとないと思います。


もちろん、最初35年組んでもいいのですが、できる限り繰上げ返済されることをお勧めします。



さらに、最近極貧ビジネス、なんていって、ぼろぼろの文化住宅を売りに出して、
生活保護の方を入居させるようなこともはやっているようですが、
その、文化住宅に住んでいる、お年寄りたち。

なぜ、そんなところに住んでいるのでしょう?

答えはずばり「引っ越すところがないから」です。

なぜなら、引越ししたいと思っても、大家さんが、お年寄りの一人ぐらしを受け入れてくれません。

なぜなら、お年よりは亡くなる可能性も、若い方よりも高いですから。


孤独死なんてのが問題になっていますが、そんなことがあると、重要事項に入れなくてはいけません。

なので、大家さんは、自分のアパートの資産価値が下がるのを恐れて、入れたがらない、ということです。


市営住宅も、1~3階ぐらいまでは、満室です。

それは、お年よりは高層階に徒歩で上ることができないからです。

今でも、すでに高齢社会。

これから、超高齢社会になろうとしている日本。

毎日5階まで上る自信のあるお年寄りであればいいですが、
どんどんからだが 不自由になります。

自力で生きていけなければ、介護もどうなっていくのかわからないときに、
市営住宅の5階エレベーターなし、を借りれるでしょうか?

しかも、どこの自治体も、建て替えるようなお金はないと思います。

建て替えたようなきれいな市営住宅は競争です。

ライフスタイルに合わせて、住まいを変えていく、なんて人いますけど、
先のことを考えると、絶対に持ち家でないと、苦労するのは目に見えますよ。

今は、素敵なデザインのマンションを借りられてとしても、
年いってそんなところを借りられるかどうかは、疑問でしかありません。

 続きを読む

20:35:12 | 不動産 | comments(0) | trackbacks(0)
任意売却をリノベーション?
 2012.02.08 Wed
written by さき姉☆
競売とか任意売却って、どうしても負の部分を感じずにはいられないんだけど、
お金の心配があるから家が汚くなるのか、
家が汚いからお金がなくなるのかどっちだろう?って考えてみた。


たぶん、どっちもなんだろうけれど、基本的には、その場しのぎで借りてしまったお金などで、
ローンが払えなくなるような気がしてならない。


自分の家を競売で落としたときに、債務者といろいろ話したが、そこも、息子さんの失敗した借金を肩代わりしたがために、
手放さなければならなくなった、ということだった。

悔しい気持ちは良くわかる。
決して、お金がないわけではない。
ましてや、おばあちゃんは、自分の生まれ育った街いわゆる故郷なのだ。

相続でもらった土地を奪われる。
それは苦しいことかもしれない。

その家は、28坪で、4人家族で住むにはちょうどよい広さだが、
荷物がありすぎて、ひっくり返っていた。

競売で落とした後、裁判所の立会いで強制執行の予告に行ったとき、
留守だったので、鍵を開けて入ったが、ものだらけ。そこらじゅうに積み上がっていた。
掃除なんてできる状態じゃなかった。

競売開始当時の裁判所の写真と比べると、明らかにぐちゃぐちゃだ。

どうでもよくなるんだね。
そうなると。

特に、風呂なんて、何日も洗っていない感じだった。
白い油みたいなのが固まっていて、気持ち悪かった。
それがカビててまっくろになっていた。
後でわかったことだが、給湯器が壊れていた。

どうやって風呂に入っていたのだろう?
冬寒いのに、水?
信じられない。

昨日も、信じられないぐらいの汚さのマンションに行ってきた。
リノベーション物件の仕入れのために。

月曜日に行くと、引越し中とのことで、荷物がつみあがっており、とてもじゃないけど、入れる状態ではなかった。

カウンターのところに墨のようなものが撒き散らしてある感じが見えたので、
相当ひどいことは予想できた。

しかし、翌日行ってみると、それは墨ではなく、カビであった。
ninbai4


 続きを読む

13:27:32 | 不動産 | comments(0) | trackbacks(0)
取引事例
 2011.12.14 Wed
written by さき姉☆
今、芦屋の物件を預かっているが、
これ、スケルトンなんで、とても難しい。

なぜならば、不景気だからだ。


実は、この物件のすぐ近くにも空き店舗がちらほら。

この物件のすぐ北の物件は、家賃は一緒なんですが、敷金が400万円で敷引きが200万円。

この不景気に、これだけお金出してくれる所、無いよね。


芦屋の場合、取引事例が、まったく参考にならない。

大家の感覚がバブル時代のままなので、そういう物件が多いため、
いいものだったら、そのお金を出しても、借りてくれる人がいるためだ。

困ったものである。


でも、明らかに借り手の感覚は違っているのである。



そこに気づいてくれないと、また、気がつかせないと、街は活性化しない。

若い人が喜んで借りてくださるような、物件を作らないことには、
若い人が寄ってこない。


芦屋のラポルテをうろうろしていると、老人比率が高すぎる。

もちろん、おしゃれなおじいちゃん、おばあちゃんに違いは無いのだが、
人口構成比と比べても、60代どころか、70代から上の人ばかりがうろうろしている。

老人ホームから、バスツアーに来たのではないかと思わせるほどだ。

とにかく、芦屋にいると、ちょっと気分がブルーになる。



ここまで高齢化しなくてもいいやろっ!


もちろん、ちょっと違った店も多くて、1客2~5万円ぐらいする、舶来のコーヒーカップでお茶を飲ませてくれるような喫茶店があったりする。

ニッチに、なんかよくわからない彫金の置物?が飾ってあるのだが、すべてガラスの扉がついており、エルメスのバッグの鍵がついている。


これって、かばんについてた鍵?みたいな。


そこにあるだけで、5つ。

エルメスのバッグいくつ持ってるねん!



困ったものだ。



芦屋が面白いのはちょっと意味が違う。




あちゃら製のコーヒーカップに興味の無い私ですが、
今日も使ってみて、やっぱり日本製がいいって思ったんです。


日本の職人さんの繊細さは独特のものがある。


清水焼とか、有田焼きの磁器は、あちゃらの磁器とはぜんぜん違う!



お金持ちになっても、あちゃらの食器は、あんまり使わないな~と思った。



 続きを読む

13:42:47 | 不動産 | comments(0) | trackbacks(0)
芦屋 貸し店舗 募集開始
 2011.11.24 Thu
written by さき姉☆
みなさん、こんにちは!
前回、お話いたしました店舗が貸し店舗として、貸しに出されます。

ashiya1


こんなビルなんですけど。

ashiya2

この写真の右から2番目の店舗です。

中は、まったくのスケルトンですが、その分保証金がお安く借りれますよ♪

まだ、何もしてない状態ですので、好きなように配置していただけます。

火曜日に看板設置させていただいて、水曜日には早速反響がありました。

すごーい!

場所は芦屋市大原町。
セブンイレブンの北側になります。

芦屋駅からも徒歩5分ぐらいの好立地です。


物件は3階建てで、1~3階と縦に伸びているので、フロアでエリアわけできるので、面白いですよ、

1階の天井が高くて、吹き抜けにもなっているので、圧迫感を感じません。

間取り図はこちらです。
ashiya3



ぜひ、一度見に来ていただきたいですね。

内覧のご希望は
078-325-8210 鈴木まで♪
14:22:20 | 不動産 | comments(0) | trackbacks(0)
back | HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。