スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by さき姉☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
シート防水嫌い。
 2010.10.05 Tue
written by さき姉☆
私の家は、25年前に建てた鉄骨の家。

鉄骨の家の屋根(フラットルーフ)やバルコニーは、シート防水なのである。


昔のプレハブの家はトタン屋根で、その上にアルミのバルコニーをおいていたので、屋根が雨漏りしない限り、雨漏りの危険はなかったが、
シート防水の場合、太陽の熱で、シートが縮み、ドレインなどのところから切れてしまうのである。

昨年我が家が、それで大雨漏りした。


よく雨が降ったので、そのたびに、あちこちバケツを置いた。

雨が、収まるまで、職人も呼べなかった。


現実を確認したかったが、雨がとにかく多いので、なかなか確認できない。

たまの晴れ間に屋根に上ってびっくりした。

パラペットが立ち上がっているので、
枡のようになっているはずの屋根が、

なんと、おわんのように、完全にシートが浮き上がっていたのである。

当然、ドレイン部分に亀裂が入り、そこへ雨が流れ込んでいる。

とりあえず板を置いたが、そんなものは気休めである。


しかし、これでいいのか?


そりゃ、じゃじゃ漏りになるのも当たり前だ。

シート1枚で防水を担保しているのだから。


10年保障とか、20年保障とか、なっていたって、それまでに切れたのなら面倒見てもらえるが、
それ以降にしか切れないようになっているのである。


ちなみに、Hハウスは、その当時、歩行用、非歩行用に分かれていて、それぞれ25年、20年の耐用年数だったが、今は、どちらも関係なくなり、25年になったらしい。


が、今日聞いてきたTホームは、ベランダ防水は15年ぐらいらしい。

それって、耐用年数、短すぎん?

それで、40平米のバルコニーで35~40万円のリフォーム費用って。。。



たぶん、耐用年数が短いと、材料代も安いので、一度にたくさん出すのはできないけれど、
ちょこちょこならできる、ってことかもしれない。。。



う~ん・・・
60年保障してもらうことよりも、
メンテナンスがかからないほうがいいよな、たぶん。
日本人って保障好きだけど、その保障を受け続けるために、お金を払っている感じだと思うんです。




なんで、鉄骨だと、シート防水にしないといけないか、というと、
実は、鉄骨というのは、ものすごく伸び縮みするんだよね。

だからシートじゃないとFRP防水だと割れてしまうんだよね。

木造は鉄骨ほど伸び縮みしないから、FRP防水ができる。

FRP防水はとても硬いので、割れない限り雨漏りしない。
ジョイント部分とか、大地震で亀裂が入ったりして割れると、漏れるけれどね。

経年変化ではメンテナンス費用は出ないけど、
地震だったら、地震保険とか、共済で費用出るじゃない。


だから、やっぱりFRP防水だよ。


屋根はちゃんと屋根材を葺かないといけない。
シート防水は絶対にお奨めできない!


18:56:43 | 建材 | comments(0) | trackbacks(0)
鉄骨?木造?
 2010.09.22 Wed
written by さき姉☆
久々に建築屋らしいことでも書いてみようかな(笑)
みなさんは、鉄骨は地震に強い~って思っておられるんじゃないでしょうか?

確かに強いんですよ。

ただ、木造が弱いわけではない。


重量比で考えると、鉄骨よりも木造のほうが、4~5倍圧縮強度も引っ張り強度も強い。


そう、鉄骨は重い。
なおかつ、結露する。

それ自体が結露するには、防錆を施しているからいいと思う。


鉄骨を作っているのは主な構造体だけで、内装を支える下地は、木材を使っている。


木材は水にとても弱い。
だから、結露する鉄骨は、あんまりお勧めじゃない。


そして、制震や耐震構造。

確かに建物は倒壊しないが、またも震度7がやってきたら、内部はかなりめちゃめちゃに傷む。

家具が倒れる、とかそういう問題じゃない。


家さえ壊れなければいいが、下地が腐っていたら、どうなる?
中がめちゃめちゃになったら、避難所生活しないと仕方がない。

金属疲労のこともよく以前言ってたな~

何度もゆれるからね。

我が家は鉄骨なんだけど、ほんまによく結露する。
雨漏りかっていうほど。


だから、鉄骨の家は売りたくない。

今は、鉄骨メーカーも木造を一生懸命売ってるらしい。


エコだしね。

うちも内装ばりばり木を使った家に変身させるぞ。
01:52:12 | 建材 | comments(0) | trackbacks(0)
地震の恐ろしさ
 2008.06.24 Tue
written by さき姉☆
岩手・宮城内陸地震に被災された皆様、お悔やみ申し上げます。

この地震の特徴としては、土砂災害が多く、建物被害が少なかったということでした。

雨がたくさん降って、地盤が緩んでいたのでしょうか?


温暖化が進むと、地球が膨張して、地震が増えるそうですが、
自然の大きな力の前に、私達の無力さを感じますね・・・



ウィキペディアより

岩手・宮城内陸地震(いわて・みやぎないりくじしん)は、2008年(平成20年)6月14日(土)午前8時43分(JST)頃に岩手県内陸南部(仙台市の北約90km、東京の北北東約390km)で発生した[8]、マグニチュード 7.2[9](気象庁暫定値)の地震。同県奥州市と宮城県栗原市において最大震度6強を観測し、両市を中心に被害が発生した。被害の特徴として、同じ規模の地震と比較して、建物被害が少なく土砂災害が多いことが挙げられる。気象庁による正式名称は平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震

 続きを読む

11:51:57 | 建材 | comments(2) | trackbacks(0)
洗面所をすっきり!
 2008.05.23 Fri
written by さき姉☆
洗面所って、とっても微妙じゃないですか?

特に着飾るところでもなく、
かといって、お客さんが来たときは、結構使ってもらう場所・・・


そこで、INAXのサイトでこんなの見つけました!


あなたの家の洗面所はどのタイプ?

 続きを読む

20:18:34 | 建材 | comments(1) | trackbacks(0)
体が悪くならないとわからないこと ~手すり~
 2008.02.01 Fri
written by さき姉☆
日経KEN-Platzからの抜粋です。

手すりは、安全にトイレを使うために有効な役割を果たす。

ただし、取り付け方を間違えると使いにくいばかりか、狭い室内での動きの邪魔にもなってしまう。



次のイラストをご覧いただきたい。これは良くない手すりの例だが、何が良くないのか、お分かりだろうか。


1.jpg



 答えの前に、TOTO・UD推進本部の金子祐子さんから聞いた、手すりの重要性を物語るエピソードを一つご紹介する。

 続きを読む

14:33:44 | 建材 | comments(2) | trackbacks(0)
back | HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。